商標登録できないものはあるのか

商標登録はどんなものでも登録することができるのか!?どんなものだと登録できないのか?

同一・類似している商標

商標登録において、一番トラブルになる元になっているのが、商標登録が出来ない条件の1つとなっている他人の登録商標や著名商標と紛らわしいと思われるものと被ってしまったパターンです。 こういったものの場合、商標登録の申請をして […]

区分が違っても出所混同する恐れがあるもの

商標登録をしたいと思っても、それが出来ないケースは多々有ります。 しっかりとしたオリジナル標章であれば、そういったケースも極力少なくすることが可能ですが、気をつけてもどうしても商標権を犯してしまったり、登録拒否の条件を満 […]

公共機関の標章と類似しているもの

商標登録をしたいと思っていても、出来ないものがあることをご存知でしょうか。 その1つの条件が、公共の機関の標章と区別をすることが難しいものや公益性に反するものとなっています。 ここでは商標登録をしたくても出来ない、公共商 […]

他の商品・サービスと区別ができないもの

商標権を確保したいということで、商標登録を考える方も多いことでしょう。 しかしながら、商標登録をしたいと思っても、出来ないものも存在することを忘れてはいけません。 大きくわけて3つ存在しているのですが、ここでは、自己と他 […]

不正利用ができないような工夫

商標登録は、どんなものでも商標登録ができるというわけではありません。 基本的には、やはり他者が既に使っているものを使用すること。 似ているものも同様になりますから、しっかりと覚えておきましょう。 ここでは、商標登録をした […]