商標登録できないものはあるのか

商標登録はどんなものでも登録することができるのか!?どんなものだと登録できないのか? - 商標登録できないものはあるのか

商標登録できないものはあるのか

商標登録は自社の大事な商品やサービスを守ったり、利益をよりあげるために必要な作業といえます。
しかしながら、どんな商品やサービスでも商標が登録することが出来るものでしょうか。
答えは否です。
商標登録できない商標というのが存在していますから、それらを覚えておき、自身が商標登録をする際には気をつけるようにしましょう。

普通に用いられる標章のみからなる商標

商標に関しては、商標法という法律が存在しており、そのルールを守る必要があります。
商標登録が出来ないものに関しては、その第三条に記されています。
まず書かれているのが、普通に用いられる標章のみからなる商標と明記されています。
標章というのは、文字や図形や、記号。
更に立体形状、色彩、これらの結合したもの。
そして音といったもので表現されるものです。
これが分かったところで、普通に用いられる標章というのは、例えば、アルミニウムを使った標品に対して、「アルミ」という一般的に使われている名称を商標にすること。
他にもパイナップルを原料に使っている商品に「パイン」といった商標登録をしようとしても、それは出来ないことになります。

商品または役務について慣用されているもの

次に商品または役務(サービス)について慣用されているものとあります。
例えば、宿泊施設を提供するといったサービスである「ビジネスホテル」などは、商標登録出来ません。
またお弁当という商品の「幕の内」という商標も登録することが出来ないというわけです。
両者ともに、一般的に慣用されている標章になりますから、使うことが出来ないというわけですね。

材料、品質、原産地など普通に用いられる標章のみで構成されているもの

そして、商品の材料や品質。
更に原産地といったものの中で、普通に用いられる表現を使った商標は認められません。
例えば、緑茶を使った商品に対して、「静岡」。
医業サービスに対して、「耳鼻科」といったものは、登録することが出来ないわけです。
他にもスーツなどに対して、「高級仕立」なんていうのも不可能です。
このように材質をそのまま使ったり、原産地や品質、材料の名称のみを使った商標登録は出来ないというルールです。

ありふれた氏や名称を使うこと

また、ありふれた氏を使ったもの。
名称を普通に用いられる方法で作られた標章のみの商標は出来ないことになっています。
例えば、「佐藤」「TANAKA」などといったものがそれに当たります。
漢字はもちろん、英表記でも、ひらがな、カタカナでも同様ですが、ありふれた氏などを使うことは出来ないのです。

簡単でありふれた標章のみで構成されたもの

簡単であり、かつありふれたもののみで構成されたものも商標登録が不可能です。
例えば「○」。
他にも単純にアルファベットの「A」のみといったものも無理ですから、覚えておきましょう。

業務に係る商品名やサービスかを認識出来ないもの

ytyuktk商標名から、それがどういった商品であるのか。
また、どのようなサービスであるのかを認識できないものはダメという決まりもあります。
例えば習慣的に数量を表す単位のみの標章。
他にも平成といったような現在の元号のみを使ったもの。
また標語などを使った標章も使用することが出来ません。
このように、何でもかんでも思いついたものを商標登録することが出来るわけではありませんから、標章を考える際には、しっかりと覚えておきましょう。
せっかくの標章も使えなければ商標登録する意味がありませんからね。
【PRサイト】商標登録とは?費用や出願方法|海特許事務所